【防衛力の抜本的強化】戦争プロレスショーの仕込みか

日本の国家破綻、中国に日本が全譲される可能性について

「国家安全保障戦略」

「国家防衛戦略」

「防衛力整備計画」

安全保障関連3文書が明らか
になっている

 

日本もいよいよ「反撃能力」を
持つということになるようだ

我が国・日本を守り抜くための防衛力
を有するための内容になったなど首相
は中身スカスカのコメントをした

相変わらず、死んだ魚のような
目をしている

そして、当然のように米国防総省は
日本の姿勢を賞賛している

トマホークミサイルを有していれば、
中国が日本を攻撃しようとしても抑止
力になるからと言っているがいつの間
に中国が日本に戦争を仕掛けると決ま
ったのか?

そもそも、話の建付けがおかしい

 

当然ながら、中国の脅威をでっち上げた
軍拡の理由を作り上げるのは許さんと中
国側は怒る

もし、現実に中国が日本に軍事的攻撃を
仕掛けた時には、そのその犯人は「もは
や中国」ではないだろう

表向きは中国でも、裏でやっているの
は結局は同じなのだ

以前の記事でも書いたが、日本にも軍拡
をねじ込んだのはDS(ディープステート)
など新世界秩序を目指す勢力
だからだ

 

今後、日本が有する「反撃能力」が必要
になる状況が実現した際には攻めてくる
中国も味方となるはずの米国も・・

大元は結局同じなのだ

つまり、一連の軍拡の流れは遠くない未
来に開催されるプロレスショーの仕込み
ということになりそうだ

世界を混乱に陥れ、新しい秩序の必要性
を訴えるため・・

日本という国が生贄にされるという最悪
のシナリオも考える必要があると思う

日本はもはや用済みで、完全に潰すため
の最終段階が「戦争」となるのかもしれ
ない

 

この世の真理(真実)を追究する

人類の成長に貢献する

New World Entertainment!

New World Entertainment

この記事にコメントする

必須

1件のコメントがあります

  1. 山田悟

    他国からの侵略攻撃ありきの流れのように感じる。見方を変えてそうさせない、そうならない様にする考えって無いものか?