黒い貴族とは?現在も暗躍する黒い貴族の正体を暴く!

黒い貴族とは?黒い貴族の現在は?

世間や陰謀論の世界では世界支配に
関わる団体や金貸しの起源になった
などと言われる「黒い貴族」とは何
者なのか?

ウィキペディア(Wikipedia)
で検索しても情報は多くはない

また、当たり前だが真に迫る記述は
ほぼ皆無といえるだろう

陰謀”論”に聞こえるような記述か、
読んでも意味不明な記述が多いだろう

ネットで検索すれば、黒い貴族 現在
黒い貴族 コロナなどと出てくる

コロナ禍で陰謀論熱が高まり、彼らに
も注目が集まったということだろう

しかし、その多くはあくまで陰謀論や
陰謀説の域であり思考停止を招く”情報
“と陰謀学という”学問”は別物である

・・ということは覚えておいてほしい

 

黒い貴族については本サイト「世界を
動乱させるカナンの子たち」という記
事でも少し触れている

また、今後の世界情勢・動向を見る上
で「黒い貴族」は大切なテーマになる

なので、黒い貴族についてはここでも
わかりやすく解説していくことにする

黒い貴族の元を辿ると、紀元前264
年から紀元前146年まで3度繰り広げ
られたポエニ戦争だ

その戦争でフェニキア人国家カルタ
ゴが滅亡、そこからベネチアに逃げ
たカナンの子孫たちが現地で商人と
して財を成した

当然、彼らは非常に賢く、騙し方な
ども熟知しているためベネチアで貴
族となった

見た目は、カルロス・ゴーンのよう
な浅黒い肌をしたレバノン人をイメ
ージするといい

そう、カルタゴからベネチアに逃
げたカナンの子孫フェニキア人
「黒い貴族」である

 

黒い貴族となった主な「一家」
は以下の通りである

・サヴォイア家

・ヴェルフ家

・アイゼンベルグ家

・ブロンフマン家

・キャボット家⇒シェルバーン家

・タクシス家

・エッシェンバッハ家

・レーゲンスベルク家

・キーブルク家

・フローブルク家

・ラッパースヴィル家

・トッゲンブルク家

 

黒い貴族と現代の世界、現在の出来事
と照らし合わせて見る際のポイントは
カナンの子孫「カナン人」はモレク信
仰・バアル神崇拝だということだ

つまり、人身御供の儀式を行っている

そして、その思想は血統を受け継ぐ
者たちにも当然ながら継承されてい
るだろう

人身御供の儀式とは生贄の儀式だが、
現代風に言い換えれば「結果が手段を
正当化する」というにもつながる

また、資本主義社会の常識である
トレードオフという言葉

つまり、何かを得れば別の何かを失う
一得一失(いっとくいっしつ)の考え方
にも相通じるものがある

となると、現代の資本主義社会の常識
や仕組み、金融相場や株式市場などに
大きな影響を与えている思想とも言え
ると思う

つまり、黒い貴族を見る上で単に陰謀論
的な捉え方をするのではなく彼らが何者
で?彼らの思想とはなにか?

その思想は現在どこに反映されているの
か?など本質的な面に着目していくとい
いだろう

 

陰謀学とは、世界を「エンタメ志向」で
達観する智慧をマスターする学問である

New World Entertainment!

New World Entertainment

この記事にコメントする

必須

2件のコメントがあります

  1. Yoko

    此れでは途中でボッチ切れ。
    前座が煽ってお終い。
    Where is beef?

  2. tokio

    黒い貴族はユダヤ人ではありません。フェニキア人。ハプスブルク家系統のイタリア貴族です。ユダヤ教とは関係ありません。